So-net無料ブログ作成
検索選択

カソリックとプロテスタントの修道院シスター [spiritual]

前回の、つづき、「臨死体験生命の響き」で、
私の関心あったことの記述が。。

それは、修道院に入ったらどういう風に、修行するのか。
以前から、バチカンのシスターたちの写真などみてると、
どうしたらあいう風に、祈れる姿になるんだろうと。面持ちが普通でない、
世の中、煩悩の顔の人ばっかなのに。うーん。この違いは。。。とうなってた。

それと、疑問に思ってたのが、カソリックとプロテスタントのシスターの違い。

友人に、大卒後、修道院に入った女性がいたのですが、
結婚しました、修道院でて、数年教会にいた後。牧師さんと。
??
と思ってたのですが。

つまり、カソリックは、独身なのです。男女ともに。
プロテスタントは、結婚していい。
これは、仏教も、昔は、妻帯禁止だったりして、
例えば、浄土真宗の親鸞さんは、罰せられてますから、
今は、違いますね。いろいろ、理由があるのでしょう。
時代とともに、かわることもありますしね。

話前後しますが、
カソリックのシスターは、それはそれは、厳しい決意のもとに、
その道に入っておられるようですね。

「神に仕えることは、文字通り、自分の人生をすべて捧げることでした。
結婚して子供を産んで、という普通の人生をあきらめ、一生修行の道にゆだねること。。」
と記述。

修道院に入ると、
5感のコントロールする訓練だから、
もちろん、おいしいものも、テレビも、文字をみることも、
ということですね。うーーーん。できませんね。なかなか。
美味しそうなお菓子みたら。。
これは、仏門に入って修行するのと、共通しそうで。

徹夜の祈りというのも、あるそうで、
冬は寒く、夏は。。。。そうだ、ここ驚き、
蚊に刺されても、かいちゃいけないの。

「そんな状態で祈りに集中するのは、かなりの忍耐が必要。」
「ところが、人間の不快感というのは、ある極限までいくと、
パッと快感に変わるとき」があるそうです。
例えば、と続くのよ。

祈りに刺されてる最中に蚊に刺されても、・・・・
そのままじっと動かずに祈り続ける
痒くてたまらなくなり、そこに神経が集中してしまうので、皮膚の蚊に刺された部分が
だんだんと膨らんでいくのがわかる
けれど、その痒いという、不快感から逃げようとするのではなく、
じっとそれを味わいつづけ、
痒くてもうがまんできないという極限状態に達すると、自分にある変化がおこっていくのが、わかる。

これ、まとおめると、快感にかわるらしい。
体内から、つらさに対する恵みと、霊的な慰めがにじみでてくる。

禅の世界では、
「心頭滅却すれば火もまた涼し」
一般には、こだわりを捨てる境地に例えられてるけど、
修行を積んだ禅僧の中には、火の暑さも感じない人がいる。

それと、この文字を使わないのは、考えられないほどの時代、
修行の初期段階では、
文字いっさいみては、いけない。見ていいのは、会則と、聖書だけ。

これに、理由があったのだ!
活字から遠ざかることで、人間の神経系統をつかさどる間脳を鍛える訓練。

これで、理由もつかめたことだし、
たまには、活字から離れるのも、いいことね。

だからか、どこかで、ヨガや気功が、間脳鍛えると聞いたのは。
つまり何も考えず、
は、いいことだ[黒ハート]

ありがとうございました!



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。