So-net無料ブログ作成
検索選択

スフレのレシピ [フランス語]

Soufflé vanille et sa glace moutarde framboise cacao
スフレだけじゃないみたいですね。

RECETTE POUR 4 PERSONNES : 4人分
TEMPS DE PRÉPARATION : 30 MIN - TEMPS DE CUISSON : 7 MIN

INGRÉDIENTS POUR L’APPAREIL À SOUFFLÉ :
• 1/4 l de lait
• 60g de jaunes d’œuf (soit 3 jaunes d’œufs)
• 40g de sucre
• 30g de farine
• 1 gousse de vanille
• 100g de blancs (soit 4 blancs d’œufs)
• 20g de beurre (pour les moules)
• 20g de sucre (pour les moules)

INGRÉDIENTS POUR LA GLACE:
• 50g de moutarde Maille Cacao Framboise
• ½ l de lait
• 125g de crème fraiche
• 75g de sucre
• 6 jaunes d’œufs
• 50g de purée de framboise

PRÉPARATION DE LA CRÈME PÂTISSIÈRE VANILLE :

Mettre à bouillir 1/4l de lait avec la gousse de vanille coupée en deux. Mélanger les 3 jaunes d’œufs, les 25g de sucre et les 30g de farine au fouet. Verser dessus le lait bouillant, cuire la crème pâtissière quelques minutes puis débarrasser et réserver au frais.
HJ9A9137-Edit-320x500.jpg

PRÉPARATION DU SOUFFLÉ :Monter les 100g de blancs d’œufs (soit 4 blancs d’œufs) avec 15g de sucre, les incorporer avec la maryse (spatule souple) à la crème pâtissière. Bien mélanger. Chemiser les moules avec les 20g de beurre pommade en utilisant un pinceau et les 20g de sucre. Remplir les moules chemisés et cuire 7 mm environ a 195°C.

PRÉPARATION DE LA GLACE MOUTARDE CACAO FRAMBOISE :Mettre ½ l de lait à bouillir avec 125g de crème fraiche. Mélanger les 6 jaunes d’œufs avec le sucre verser dessus le lait bouillant. Cuire à la nappe (c’est-à-dire dans une casserole en remuant) puis mettre à refroidir une fois la crème anglaise cuite. Ajouter la purée de framboise et la moutarde. Turbiner (passer le mélange à la sorbetière) la glace et réserver au froid.

DRESSAGE :
Servir la glace moutarde framboise cacao en quenelle au dessus du soufflé ou en boule à coté.

marie france から

フランス人ってすごい本好きなはず。。。 [フランス]

フランスの文化大臣っていうの?
本読むひまないんだって。
今年のノーベル文学賞は、フランス人Patrick Modiano だけど~。
見出しはこれ↓
Fleur Pellerin, ministre de la Culture, "n'a pas du tout le temps de lire"
Peut-on être ministre de la Culture et reconnaître publiquement n’avoir jamais lu Patrick Modiano ? Fleur Pellerin a créé le buzz en ne parvenant pas à donner le titre d'un roman de l’écrivain français, prix Nobel de littérature 2014.
読んでない理由は、こうだ。↓
"J'avoue sans aucun problème que je n'ai pas du tout le temps de lire depuis deux ans. (...).
Je lis beaucoup de notes, beaucoup de textes de loi, les nouvelles, les dépêches AFP, mais je lis très peu", a-t-elle répondu. Quelques minutes auparavant, elle avait indiqué avoir déjeuné avec le nouveau prix Nobel.

今年のノーベル文学賞の作家さん(フランス人)は、あんまりフランス以外の国では、知られてないと言われてて、せめて、フランスのministre de la Cultureぐらいは、読んでたりしててほしいってことをいいたいってことかな。

こちら、英語
http://www.france24.com/en/20141027-scorn-french-culture-minister-admits-no-time-books/

日本の女性大臣辞任のニュースのフランス語 [日本ニュース]

フィガロに、日本のニュースが出てたので。珍しいから、もってきました。

Emportées par des scandales, deux ministres japonaises démissionnent 日本の女性大臣辞任
Le premier ministre japonais Shinzo Abe se retrouve affaiblit après la démission de deux de ses ministres, soupçonnées d'avoir utilisé à des fins personnelles des fonds réservés à leurs activités politiques.
Est-ce le retour des chaises musicales à la tête de l'Etat japonais? Le premier ministre Shinzo Abe a accepté lundi, à quelques heures d'intervalle, les démissions successives de deux de ses principaux ministres: celle de l'Industrie, Yuko Obuchi, et celle de la Justice Midori Matsushima. La première, en particulier, avait pour lourde mission de faire redémarrer le parc nucléaire japonais, à l'arrêt depuis la catastrophe de Fukushima en 2011. Jeune, séduisante, fille de premier ministre, Yuko Obuchi était l'étoile montante de la politique nippone. Elle était pressentie pour être la première femme à diriger le pays. Comme Midori Matsushima, elle avait été nommée pour donner au gouvernement une image de modernité et d'ouverture, en particulier à destination des femmes.

C'est un premier coup dur pour Shinzo Abe. Depuis deux ans, le premier ministre s'est imposé comme leader d'une majorité fragmentée en factions. Il a les coudées franches face à une opposition inaudible. Il avait offert au Japon, pays habitué aux crises politiques, un peu de stabilité. Un résultat d'autant plus remarquable que son premier gouverment, en 2006, s'était effondré sous les scandales et le ridicule en douze mois.

«Un véritable séisme»

Ce gouvernement Abe était jusque-là sorti sans une égratignure de nombre de polémiques, en particulier celles déclenchées par ses soutiens dans l'extrême droite nippone. On aurait pu, ainsi, croire que le premier coup aurait frappé la ministre Eriko Yamatani, en charge de la police, dont la presse a dénoncé les accointances avec Zaitokukai, un groupuscule ouvertement raciste, et qu'elle refuse de condamner. Ou bien la ministre Sanae Takaichi, prise en photo souriante aux côtés du leader du parti néonazi japonais. Mais la communauté internationale et l'opinion publique japonaise n'en ont que faire.  この記事写真つきです。
http://www.lefigaro.fr/international/2014/10/20/01003-20141020ARTFIG00235-emportees-par-des-scandales-deux-ministres-japonaises-demissionnent.php こちらです。

Les deux disgrâces de lundi ont finalement été provoquées par des entorses à la loi sur le financement électoral qui portent sur quelques milliers d'euros et qui peuvent apparaître comme des peccadilles. Mais ces «affaires» signalent un affaiblissement drastique de l'autorité de Shinzo Abe dans le très volatile monde politique japonais. Ses fameux Abenomics, un programme ambitieux de réformes économiques, ont fait long feu. Plusieurs caciques de son parti ont soupé de sa rhétorique nationaliste, qui a aliéné la Corée du Sud et la Chine, et menace un jour de brouiller le pays avec les Etats-Unis. «C'est un véritable séisme», estime le politologue Takao Toshikawa. «Shinzo Abe doit décider d'ici au 19 décembre de porter ou non la taxe à la consommation de 8 à 10%. Pour cela, il a besoin d'une Bourse en forme et d'une cote de popularité en forme. Sur ces deux fronts, il est en difficulté».

前半しかちゃんと、読んでません。いつか読めますわ。日本語でだいたい内容しってると、フランス語でも、まあ、いけますかしらん。。。。。

同性愛者、バチカンの認知なし [イタリア]

http://frago-m.blog.so-net.ne.jp/archive/20141016 で、バチカンが、13日の中間報告で、同性愛者の方の「認知」ありって書いたのですけど。
キリスト教カトリックの総本山バチカンが、18日、
教会が現代の家族問題にどう取り組むかの話し合い(世界代表司教会議)の最終報告で、
男女による結婚を神聖視する教義に厳格な保守派の抵抗にあいました。それで、
中間報告に入っていた、同性愛者「認知」の表現なしになった。
これは、現実的な対応を求める改革派と、保守派との内部対立が露呈したってとるらしい。

同性愛者に関する項目は、投票した司教183人の、3分の2以上の支持得られず、継続協議になった。

ってことは、まだ続くってことだ。可能性ありじゃん。
来年の10月に再討議だとか。
もう一つ、離婚した信徒についての
ミサで重要儀式の「聖体拝領」を受けれるようにすべきかどうか?は、意見割れ。
現状は、離婚した信徒が教会から結婚の「取り消し」を得ずに、行政手続きによってのに、再婚した場合、「聖体拝領」は、受けられないルール。

なんのこっっっちゃって、感じでした。
どうして、こおお難しく考えるのかしら。世界には、同性愛者のかたも、離婚の方もやまほどいるのだし、いいじゃないのって思ってはいけないのかなあ。


テンプル騎士団の建てた城のある村 「フランスの最も美しい村」 [フランス]

フランスの最も美しい村」から見つけました。
テンプル騎士団の建てた城があるとか。地図見たら、カルカッソンヌが近い。
カタリ派と、テンプル騎士団は、関係があったとか。キリスト教で、異端とされたカタリ派を、援護したとか。カタリ派が異端とされた理由は、なんだろう?イエス・キリストが結婚してたこととかか、輪廻転生のことか。本に、テンプル騎士団が、崇拝してた、ノートル・ダム(私たちのマダム)は、イエスの母のマリアではなくて、イエスの奥さんのマグダラのマリアとか。
イエスの時代、ユダヤ教のラビは、結婚してるのが普通だったから、イエスも結婚してたといえるとか。謎は、謎のままかな。カタリ派は、皆が追い詰められた時、大事な宝を、外に出したとか。聖杯?こういうのって誰に聞いたらいいんだろう。いつか、世界の記録書があるところで、みよっと。

La Couvertoirade テンプル騎士団が建てたという城がある。
    Aveyron Central France - Auvergne
High up on the Causses du Larzac plateau, La Couvertoirade has several stories to tell :
the tale of the Knights Templar who built the castle in the 12C, the story of the Knights Hospitallers who, in the 15C, took over from them and enclosed the village in a ring of ramparts and finally that of the village when its economy and population was at a peak and it boasted fine 16C and 17C houses.
minerve02_xlansade.jpg

Minerve  キリスト教の一派だったカタリ派が、異端視されて、カタリ派の人が140人、火刑にされた。
    Hérault Mediterranean - French Riviera
Surrounded by deep gorges cut where the Brian and Cesse meet and situated at the very end of a limestone plateau, Minerve is a stony village in the heart of the Languedoc hinterland. It was an old Cathar bastion that was destroyed by Simon de Montfort in 1210 and the village has a column in memory of a stake at which 140 Cathars were burnt at that time. Minerve is also famous for its wine that has been produced here by local winegrowers for centuries

Flavigny-sur-Ozerain  映画「ショコラ」が撮影された村
   Côte d''or Burgundy - Jura - Rhone Valley
Built around a Benedictine abbey founded in the 8C, this Burgundian village not only relates its medieval history through its ramparts, fortified gates, cobblestone streets, houses and mansions but also through its aniseed-flavoured sweets that are still made in the former abbey and the smell of which will welcome you as you arrive ! 


http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/en/about-us

フランスの最も美しい村 Les plus beaux villages de France [フランス]

フランスの美しい村」 全踏破の旅 って本に、フランスの美しい村の写真沢山。
さすがフランス、田舎がきれいだなと。Beuvron-en-Auge-pommiers-_-.jpg

「フランスの最も美しい村」
Les plus beaux villages de France
というのは?

1982年にフランスコロンジュ=ラ=ルージュ(コレーズ県)で設立された協会。
目的は質の良い遺産を多く持つ田舎の小さな村の観光を促進すること。

協会ではブランドの信頼性と正当性を高めるために厳しい選考基準を設けている。
・人口が2000人以下で、都市化されていない地域であること
・歴史的建造物、自然遺産を含む保護地区を最低2箇所以上保有していること
・協会が定める基準での歴史的遺産を有すること
・歴史的遺産の活用、開発、宣伝、イベント企画などを積極的に行う具体的事案があること

現代、157村あるらしい。
公式サイト http://www.les-plus-beaux-villages-de-france.org/en
Galerie Photo を選択すると、きれいなフランスの村の画像三昧。
The Villages を選択すると、その村の情報が。
フランスは、さすが、美的感覚いいなあ。あちこちに、ハーブと、花々。自然とマッチしてて、いいいなあ。

220px-Gordes_Landscape.jpg

同性愛者、バチカン「非難」から「認知」へ [イタリア]

バチカン(ローマ法王庁):キリスト教カトリック総本山 vatican1.jpg
13日、バリカンで、同性愛者を排除せず、受け入れるべきだと見解でたとのこと。
西欧世界では、政治家とのつながりも強いし、なんていっても、人々への影響力大なバチカンが、
同性愛者を認知するという立場をとると、これは、かなり同性愛者の方々には、いい風向きかも。
カトリックは、だいたい、同性愛、離婚、ダメの路線で、長年きてる。でも、西欧、離婚多い。あ、イタリアは離婚少ない。
英国は、エリザベス(一世)の父親のヘンリー8世が、離婚したいがために、離婚ダメというカトリックからぬけて、英国国教会をつくったぐらいだから、ヨーロッパでの影響大かと。西欧圏は、教会がそこらじゅうにあるのが、いい証拠と思う。エリザベス一世自身は、プロテスタントよりだったから、バチカンから命を狙われてた、というのは、映画でもでてる。

それにしても、フランシスコ・ローマ法王は、なかなかの人な気配だw 
アッシジのフランチェスコの生まれ変わりとか、うわさある。)
ただ、カトリックの教義が、男女による結婚を神聖視してるから、同性婚を認めるのは、無理か。。
でも、「相互扶助がパートナーの暮らしにとって、かけがえのない支えになっている場合もある」とバチカンは好意的に分析してるとか。
http://w2.vatican.va/content/vatican/en.html
14日の毎日新聞より

ノーベル文学賞のフランス人作家 [世界ニュース]

今年のノーベル文学賞は、フランス人だけど、どんな本書いてるのかなと思いまして。
Modianoは、1945年、パリ生まれ。
父親は、ユダヤ系イタリア人 、母親は、ベルギー人女優
この二人は、パリがナチスに占領されてる時に出会う。
ナチス占領下のユダヤ人のことなどをテーマに書いた小説が30ぐらいはある。
共同で、脚本も書いてる。
Prix Goncourt (1978)やthe Austrian State Prize という賞(2012)とってる。
パリ在住。マスコミが苦手なようで、インタヴューは、めったにうけないらしい。 
作品は、Missing Person、La Place de l'Etoile など。
 

Modiano, 69, whose novel “Missing Person” won the prestigious Prix Goncourt in 1978 – was born in a west Paris suburb two months after World War II ended in Europe in July 1945.

His father was of Jewish Italian origins and met his Belgian actress mother during the occupation of Paris – and his beginnings have strongly influenced his writing.

Jewishness, the Nazi occupation, guilt, and loss of identity are recurrent themes in his approximately 30 novels, which include 1968's “La Place de l'Etoile” – later hailed in Germany as a key Post-Holocaust work.

Apart from a long series of books, in the early 1970s, Modiano co-wrote the screenplay for Lacombe Lucien, a movie directed by Louis Malle focusing on French collaboration with the Nazis.

Modiano owes his first big break to a friendship with a friend of his mother,
French writer Raymond Queneau, who was first introduced him to the Gallimard publishing house when he was in his early twenties.

Modiano, who lives in Paris, is known to shun media, and rarely accords interviews.
In 2012, he won the Austrian State Prize for European Literature.


スペインのエボラ感染者の犬ちゃんが。。。 [世界ニュース]

これ、悲しすぎ。エボラの感染を食い止めれれないのに、どうして、こういうことは、行動がはやいのよ。

スペインの保健当局は8日、首都マドリード(Madrid)でエボラ出血熱への感染が確認された看護師の飼い犬を、感染拡大につながる恐れがあるとして殺処分した。

この犬は、西アフリカでエボラ出血熱に感染しスペインに帰国後死亡した宣教師2人の治療チームの一員だった看護師のテレサ・ロメロ(Teresa Romero)さんが飼っていた「エクスカリブル(Excalibur)」。7日に殺処分命令が出たのを受け、ロメロさんの夫や動物保護団体が犬を救おうと運動を展開していた。

マドリード郊外アルコルコン(Alcorcon)にあるロメロさんの自宅アパート前では、エクスカリブルを連れていこうとする保健当局の職員と、これを阻止しようとする殺処分反対派の人々がもみ合い、現場のAFP記者によると2人が負傷した。警察は負傷者はいないとしている。

地元当局はエクスカリブルが連れていかれた40分後に、殺処分を行ったと発表した。声明によれば、苦しむことなく眠るように死んだという。

当局は7日、エクスカリブルについて「(エボラ出血熱の)症状がなくても、ウイルスを媒介する恐れがあり」、「感染リスクがあるウイルスを体液とともに外界に排出する可能性がある」として安楽死させるよう裁判所命令を受け取った。

一方、動物保護団体は、エボラウイルスが犬から人に感染する証拠はないと指摘していた。

オンライン署名募集サイト「Change.org」に立ち上げられたエクスカリブルの助命嘆願には、8日までに37万4000人が署名した。この署名運動では、「ただの犬ではない。ロメロ夫妻にとっては家族の一員だ」と訴え、殺処分ではなく隔離するよう求めていた。

AFPより


山川亜希子さんのイベント紹介☆ [spiritual]

何か貼るのにいいものないかなと、探してたら、珍しいのをみつけた。
山川亜希子さんのイベント紹介です。
山川亜希子×木村まさ子 スピリチュアル特別講演会in品川(2014年11月2日)
山川さんといえば、ご夫婦で、日本のスピリチャル界の火付け役みたいな翻訳家で、
シャーリー・マクレーンの本(彼女は、西洋の世界で、輪廻転生や瞑想など形而上の世界を世に紹介したみたいな人として知られる)の、翻訳から始まり、スピリチャルものや輪廻転生ものは、
ほとんど、このご夫婦のものだった。(現在は、形而上界の本も、多岐にわたるから、多数の翻訳家が翻訳してる)

このバーナーは、亡くなった人に会うためのセミナーか何かみたい。
そういえば、ビクトリア女王や、シャーロックホームズの作者、歌手のエディット・ピアフなど、
降霊術とか、流行ってた時があるみたいで、この方々も、身近な大切な人を亡くして、どうしても、会いたいからが、理由みたい。ビクトリア女王は、旦那氏のアルバート公が亡くなった後は、ずっと長く喪服で過ごしたほどだし。英国ではビクトリア女王のときに、妖精とか、見えない世界のことが、流行った。
私のことで、申し訳ないけど、亡くなったペットや友人、故祖父母など、みんな死後に会ってるし。別に、(確かに神秘的ともいえる体験とも言えるけど)勉強することは、ないと思うけど。山川さんのお話は、聞きたい気もする。旦那様の山川氏は、イベントとかで、すれ違ったり、
fbの友だちにいらっしゃる(山川氏のfb友達はものすごく多い)けど。
このご夫婦のファンは多くて、中山美穂さんもそうだし、fbにキムタクさんのお母様とも、ジョイントイベントしたとか。
よかったら~



山川ご夫婦のhp http://www2.gol.com/users/angel/event.html

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。