So-net無料ブログ作成
検索選択

カミーユ・クローデル Camille Claudel 彫刻家 [芸術]

カミーユ・クローデル  Camille Claudel (1864-1943)
日本で、フランス大使してた、詩人としても有名なポール・カミーユは、弟。
関西の日仏学館には、この大使にちなんで作られた図書館ある。

昔、イザベル アジャーニが、カミーユ役を演じた映画をみて、
すごい印象に残って。
日本でも、フランスのロダン美術館でもカミーユの作品みたことあるけど、うまい彫刻家だなって、誰でも思うと思う。
なーんでだろ。
おかしいことを目にすると、カミーユやゴッホのことを思い出すんだよねえ。
今でこそ、精神系の病気も、そんなにかけ離れたことでもなくなったけど、
(知人、友人がおかしくなって、えらーい目にあったことあるとき、思い出したのが、
ポールさんというカミーユの弟さんだった。ポールさんは、狂ったカミーユをみて、
どんなことを思ったのだろうとか)
とにかく、映画の中の、カミーユが狂ったシーンにしても、なんか壮絶な感じだった。

以下、ざっと、カミーユの略歴

1864年、エーヌ県のフェレ=アン=タルドノワにて、父ルイ=プロスペル・クローデルと母ルイーズの間に3人兄弟の長女として生まれる。
子供の頃から彫刻に親しみ、卓越した技術と才能を発揮していく。
19歳の時に彫刻家オーギュスト・ロダンの弟子となる。ロダン42歳。2人は次第に愛し合うようになるが、ロダンには内妻ローズがいたため三角関係となる。その関係はその後15年にわたって続いていく。
その中でカミーユは20代後半にロダンの子を妊娠するも中絶し、多大なショックを受ける。やがて2人の関係は破綻を迎え、ロダンは妻ローズのもとへ。
徐々にカミーユは心を病み、40代後半に統合失調症を発症する。
1913年3月10日、48歳の時に家族によってパリ郊外のヌイイ=シュル=マルヌにあるヴィル・エヴラール精神病院に入れられた。
その後第一次世界大戦の影響で南仏のモントヴェルク精神病院に移動させられ、生涯をそこで過ごした。
後に、毎朝決まって病院構内の礼拝堂に向かい祈った。カミーユは誰とも口を聞こうとせず、一人自己の世界に閉じこもった。また、ロダンへの憎しみと周囲の患者を見下すことでかろうじて自己の精神の孤高を保った。晩年のみすぼらしい身なりで痩せこけ、精彩を欠いた姿に面会したポールは愕然としたという。
第二次世界大戦中の1943年、家族に看取られることなく亡くなった。78歳没。
故郷に帰ることを終生願ったが叶うことはなかった。
精神を病んだ後カミーユは多くの作品を破壊したが、そのうち約90の彫像、スケッチ、絵画が現存した。死後の1951年、ポールはロダン美術館で彼女の作品の展示を行った。

images.jpg

統合失調症って、現代は、よく聞く病気だけど、ポールさんのような心境を味わっておられる周りの人って結構おられるんだろうか。。
人が狂うのを見ると、なかなか、なんというか、げそっとなった。
なんていうかなあ、こりゃ、えらいことだなと、目が覚める感じというのか。
やはり、あんまりストレスをためるようなことは、身体によくないと思うなあ。
自分を苦しめることも、ストレスだから、精神と、感情と、肉体は、つながってる。
みなさま、お幸せに。

Human zoo というアートだって。。。 [芸術]

France 23 で見つけたもので。
人間を展示するアート。
Human zoo なんか、これは気持ち悪い。
展覧会がフランスで開かれるってことらしいですけど。
そのアートの作者は、 white South African artist Brett Bailey さんだそう。

‘Human zoo’ exhibition comes to Paris amid racism row
詳しくは、
http://www.france24.com/en/20141119-human-zoo-exhibition-comes-paris-amid-racism-row-france-art/
Bailey insists “Exhibit B” aims to improve awareness of the racism of Europe’s colonial past, while challenging viewers to question their role as voyeurs in contemporary human tragedies

アートっていっても、心地よくない方向のアート。。
an art show featuring black actors in cages ってことで、女優さんを、網の中に入れてみせるってっものみたいですけど。
論議呼ぶわね。そりゃ。こういうのは、受け入れられる人と、嫌いって人との、
無関心にわかれるか。

通訳ガイド試験の結果でましたねえ [試験対策]

通訳ガイド試験の結果来ましたねえ。
私の場合、語学と、地理が、免除で、歴史と一般常識(現代社会)の
二教科の初受験だったんですけどおおおおお。

結果、歴史は合格で、もうひとつがダメでしたああ。
ちょっと、おちこみ。
それで、私の歴史の勉強方法は、過去問を、(高校日本史)教科書と合わせて勉強し、
過去にでてくるあたりの周辺も、勉強しました。
写真と照らし合わせる問題が、多いので、役に立ったのが、この資料集でした。

山川 詳説日本史図録

新品価格
¥929から
(2014/10/22 13:56時点)



私の結果からすると、歴史は、過去問もしっかり役に立ちます。
日本の歴史についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち外国観光旅客の関心の強いものについての知識を問うものとする。」とありますから、つまり外国との交流のある歴史に注意してればいい。

私にとって問題は、やはりこの一般常識でしたw。
現代の日本の産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)内容は、高校の現代社会の教科書をベースにしつつ、新聞(一般紙)に掲載されているような最近の時事問題を加味する。のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての知識を問うものとする。」というのを手掛かりに、過去問とその周辺を勉強したつもりだったのですけど。。
ただ、勉強し始めたのが、今年の春あたりですから、新聞を意識して読む期間が足りなかったかと。高校の現代社会の教科書と、予備校のセンター試験の本と、新聞と過去問を使用して勉強しました。ただ、気になったのが、時事と、現代社会の教科書からの割合で。
それで、今年のテスト問題で、100万点中、割合計算しました。
すると、時事問題63点、教科書から31点、微妙6点で、合計100点。
つまり、時事の方が、おもっきり多い。
それと、過去問をさぐることで、出る問題の予想できないのが、特徴かも。それと、もしかして、過去ででたものは、二度とでなかったりして。そうも、いいきれないか。。。

来年は、歴史が免除にしてもらえるみたいなのですが。。。。。とすると、来年は、この科目だけの受験。。。
一般常識問題に、自信なく、もしかしたら、えんえんこの科目のせいで、だめかもと、
おちこみ。。。。どなたか、どういった勉強したらいいか、いいアイデアおありの方が、おられたら、いいなあ、と。今後、また受けるかどうかも考えなければ。

とにかく、ありがとうございます!



チーズ  fromage の美味しそうな食べ方 [フランス]

久々に、理想的な美味しそうな映像です。
仏文の後の再生で、みれます。チーズをカットするところなんてたまりませんw
さすが、チーズの国。チーズは、フランス。フランスは、チーズ。

http://eaualabouche.blogs.france24.com/article/2014/10/28/recette-cuisine-roquefort-rocamadour-coulommiers-raisin-noisettes

確かに、作ってちょっとおいといた方が美味しさが増しそうです。
Dans l'idéal, il est préférable de réaliser cette recette au moins trois jours avant consommation. Le fromage monté se conserve facilement une semaine, voire dix jours, au réfrigérateur.
材料
300 g de roquefort
300 g de rocamadour frais
1 coulommiers fermier (ne pas le choisir trop frais ou trop mou)
150 g de raisin frais de muscat
50 g de noisettes torréfiées (passées rapidement au four)
Vin liquoreux vendanges tardives, de style Côtes-de-Saint-Mont
Sel
Poivre
roquefort-photo-produit.jpg

パリからの [qc]

パリのかわいいの見つけました。どこに貼ったらいいかわからなくて、ココに



エドマンド・デュラック フランス人で、ロンドンで花開いた挿絵作家 [芸術]

エドマンド・デュラック (Edmund Dulac, 本名エドモン・デュラック Edmond Dulac)
1882年10月22日、フランス、トゥールーズに生まれ。
父親が、織物会社の外商のセールスマンで、コックもメイドもいたらしいから、裕福な家庭に育つ。父親が、古い絵を買って、修復して売って、収入の足しにしていたこともあって、絵心養ってるね。
親が、彼に、外交官になってほしかったので、トゥールーズ大学で法律を学ぶけど、同時に美術学校にも通ってた。二年後法律やめて、絵一本。美術学校にフルタイムで。
このころから、英語レッスン受け、英国の画家にあこがれてる。
イギリスかぶれ。それで、名前が、英国風に。美術学校は、通算3年。
そのあと、パリで、アカデミー・ジュリアンに、奨学金で通うけど、すぐやめる。(3週間)
故郷に戻って、13歳年上のアメリカ結婚して、すぐ失敗。
ここで、次英国だ。
人も、場所も、縁だもんね。英国で、挿絵作家のチャンスつかんでいく。
22歳のデュラックは、J・M・デント社から出版されるブロンテ姉妹 の全集本の挿絵かく。

彼の挿絵作品:
アラビアン・ナイト』(1907年)、『テンペスト』(1908年)、『ルバイヤート』(1909年)、『眠り姫、その他のお話』(1910年)、『アンデルセン童話集』(1911年)、エドガー・アラン・ポーの『鐘、その他の詩』(1912年)など

英国関係の絵本の挿絵でみたことあるけど、名前とかあまりしらなかった。
図書館で、「挿絵画家 エドマンド・デュラック の世界」(平松洋監修)を見つけて、
なんか、知ってる絵が多いし、ちょっと、独特感もある。結構好きだなと。
占星術にこった時があるからか、とても神秘的な絵描く。

こんな感じ。「シンデレラ」から
images.jpg

アセンション マニュアル : スピリチャルの一種の教科書 [spiritual]

完全アセンション・マニュアル 上―この生でアセンションを達成するために (わかりやすいスピリチュアル全書 1)

新品価格
¥2,592から
(2014/11/1 14:39時点)




見える世界は、すべて物質世界のこととすると、みえないところって、
幽霊や、前世のことだけじゃなくって、もっと先があるってことを教えてくれる本かなあ、これ。
この本、上下ありますけど、上の方に出てくる言葉は、
アトランティス、レムニア、イニシエーションの段階、
過去のサイキックたちの残した知恵とか。
10年ぐらい前に、手に入れて、まだ持ってる。これは、私には、(あまり所有してるの好きくないたちで、)珍しい。これまで、数十冊どころでは、すまないほど多く、スピリチュアル系、形而上学の本読んで、感想は、いろんなサイキックが世界中にはいるものだと。
ただ、外国発の本は、日本は、言葉の壁があるから、日本語になるものは、ちゃんと選ばれてるから、それほど、怪しいのはないのかも。それでも、この惑わされやすい時代、
この本は、いい素地になったなと、思うのでして。
一時期はやった、前世を知ることにあきたら、次は、もっと先がある。
上下セットですが。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。