So-net無料ブログ作成
検索選択

フランスの子供のお小遣いは、どこへ? [フランス語]

Deux milliards d'euros par an, ......

準1級と、1級混合の問題集をみていて、

年間 20億ユーロ らしい。
今は、ユーロ 110円ぐらいとすると、いくら?
えええ、2200億円?

これが、フランスの子供たちに与えられるお小遣いの額?
この問題集によると、
「国立統計経済研究所」(フランス)のとったデータによると、
その使い道は?
多くの若者は、銀行に口座、貯蓄口座を開いて、利息で増えてから、最新のゲームや、携帯関係のものを、買うらしい。

驚くところは、もらったお小遣いを、すぐ使い切らないのね。

でも、フランスの銀行の利息って、いくらかしら?
銀行に預けてたら増えるってことだろうか?

日本だと、バブルの時、(その時、大人じゃなかったから体験したことないけど)
金利が6%で、
100万預けてたら、6万も利息ついてきたらしい。

今、ちょっと調べてみると、↓
「最近20年で最も金利が低かったのは、2003~2005年の0.001%」
ということは?え?100万で、10円?

今は? 0.02%で、100万円で、200円の利息らしい。
50万では、100円?
10万で、20円?
この日本と同じような金利と同じなら、
フランスの若者は、銀行に預けて、増やせる?

フランスの銀行は? 課題にしてみます。いつか。

ここにある数字の正確性は、軽くネット検索しただけですので、
正確性は、わかりませんが、
ざっとだと、こんな感じとお取りいただければ。

お読み頂きありがとうございます。











ノンデュアリティー ☆小和田菜穂さんから考える。 [心の栄養]

非二元性の現実とは?

新時代は、これだと考察してます。
夢解釈同様、解釈はそれぞれにしても、
ただいえるのは、

ニュースでみる、悲しい、ダメ、暗い、
繰り広げられる明暗の物語、
これは、陰陽、男女などの二元の現実、
確かに存在するのだけど、
ただ、あるだけ。

この非二元性というのに、目覚めると、
すべてが、この分離という見方を、超えるということらしい。

本来、「私」が、消えるのは私が死んでしまうという時だけど、
生きてるうちに、これがおこってる人たちが、出始めた。
これって、すごいと、新時代の到来ではない?

つまり、「私」は、感情で、物語=ストーリーに、
はまりこむから、苦しかったりする。

非二元性の現実というのは、感情からもっと、上で、
感性というのか、
でも、言葉にすると、逆説然り状態におちいって、
むつかしい。。

ただ、もし、今が苦しくて、苦しさから脱したいなら、、脱(感情)ストーリー、脱物語、
悲劇のヒロインはいらないと、もし演じたくないなら。

この方向かな。。
やっぱり、このパラドックスありだから、文章にする試みは、むつかしい。

お読み頂きありがとうございます。