So-net無料ブログ作成
検索選択

非二次元の大和田菜穂 さんのお気に入り動画  [spiritual]

https://www.youtube.com/watch?v=meUH70jzv9w

https://youtu.be/meUH70jzv9w
これ、好きでして。
すみません、個人的に。
やはり、この方の非二次元にはまっておりまして。
それと、このお寺の方も、いいこといってて。
ラストの方で、「まだまだ、という考え方は・・・・」
これ、聞くために、何回もきいてしまってます。

それと、これ。
https://vimeo.com/199143539
菜穂さんって、かっこいいですよねえ。
かわいい、かわいいって、いうけど、みんな。
かっこいいけどね。
でも、このお二人、あうんの呼吸なのかな。
言わなくても、わかってる、って感じの。

Merci!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

幸せとは?2 続き 臨死体験 [spiritual]

「臨死体験生命の響き」は、シスターの観点から、
最近とても、波動の上昇とともに、
もりあがってるスピ系の話を、
わかりやすく書いてると思えるので、
まだ、書かせてね。

この本で、臨死体験の意味、この本のしめに、
回心:
闇をみてたところから、光をみるところへ、向きを変えてくる
と、おっしゃってるようにおもいます。

少し現実的なことを書くと、
シスターは、持ち家、財産、私財をもたない。
例えば、アフリカへいけと言われれば、30分で準備して、いく準備がある、みたいです。
ここは、物質主義時代を超えて、先に霊的時代にはいっておられると、みえます。

19994年のスタンフォード大学の人間学の学会にいかれたそうで。
そこで、ある学者さんが、
「…人間の誕生以来、人類はつねに自分の外への目を向けつづけていました。自分の外に幸福があると信じ、自分のまわりに物をつくりだすことで、自分を満たそうとしてきました。
いま、人類は新しい意識の時代に入っています。 人間の内部に向けはじめた・・・・」

まとめ:
新しい意識の時代
霊的の時代
宇宙意識に目覚め

ありがとうございました!


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

カソリックとプロテスタントの修道院シスター [spiritual]

前回の、つづき、「臨死体験生命の響き」で、
私の関心あったことの記述が。。

それは、修道院に入ったらどういう風に、修行するのか。
以前から、バチカンのシスターたちの写真などみてると、
どうしたらあいう風に、祈れる姿になるんだろうと。面持ちが普通でない、
世の中、煩悩の顔の人ばっかなのに。うーん。この違いは。。。とうなってた。

それと、疑問に思ってたのが、カソリックとプロテスタントのシスターの違い。

友人に、大卒後、修道院に入った女性がいたのですが、
結婚しました、修道院でて、数年教会にいた後。牧師さんと。
??
と思ってたのですが。

つまり、カソリックは、独身なのです。男女ともに。
プロテスタントは、結婚していい。
これは、仏教も、昔は、妻帯禁止だったりして、
例えば、浄土真宗の親鸞さんは、罰せられてますから、
今は、違いますね。いろいろ、理由があるのでしょう。
時代とともに、かわることもありますしね。

話前後しますが、
カソリックのシスターは、それはそれは、厳しい決意のもとに、
その道に入っておられるようですね。

「神に仕えることは、文字通り、自分の人生をすべて捧げることでした。
結婚して子供を産んで、という普通の人生をあきらめ、一生修行の道にゆだねること。。」
と記述。

修道院に入ると、
5感のコントロールする訓練だから、
もちろん、おいしいものも、テレビも、文字をみることも、
ということですね。うーーーん。できませんね。なかなか。
美味しそうなお菓子みたら。。
これは、仏門に入って修行するのと、共通しそうで。

徹夜の祈りというのも、あるそうで、
冬は寒く、夏は。。。。そうだ、ここ驚き、
蚊に刺されても、かいちゃいけないの。

「そんな状態で祈りに集中するのは、かなりの忍耐が必要。」
「ところが、人間の不快感というのは、ある極限までいくと、
パッと快感に変わるとき」があるそうです。
例えば、と続くのよ。

祈りに刺されてる最中に蚊に刺されても、・・・・
そのままじっと動かずに祈り続ける
痒くてたまらなくなり、そこに神経が集中してしまうので、皮膚の蚊に刺された部分が
だんだんと膨らんでいくのがわかる
けれど、その痒いという、不快感から逃げようとするのではなく、
じっとそれを味わいつづけ、
痒くてもうがまんできないという極限状態に達すると、自分にある変化がおこっていくのが、わかる。

これ、まとおめると、快感にかわるらしい。
体内から、つらさに対する恵みと、霊的な慰めがにじみでてくる。

禅の世界では、
「心頭滅却すれば火もまた涼し」
一般には、こだわりを捨てる境地に例えられてるけど、
修行を積んだ禅僧の中には、火の暑さも感じない人がいる。

それと、この文字を使わないのは、考えられないほどの時代、
修行の初期段階では、
文字いっさいみては、いけない。見ていいのは、会則と、聖書だけ。

これに、理由があったのだ!
活字から遠ざかることで、人間の神経系統をつかさどる間脳を鍛える訓練。

これで、理由もつかめたことだし、
たまには、活字から離れるのも、いいことね。

だからか、どこかで、ヨガや気功が、間脳鍛えると聞いたのは。
つまり何も考えず、
は、いいことだ[黒ハート]

ありがとうございました!

幸せとは?2臨死体験 シスター [spiritual]


臨死体験 生命の響き


前回書きました、続きです。
10代ののころ、転生輪廻の話は、やまほど読み、(小さいころ、前世の感覚を覚えてたもので、なじみで)
この本が図書館で目に入って、臨死体験も、
もう、キューブラー・ロス女史 も随分昔に読んでワクワクしたのだけど。。


この本の著者先生は、カソリックのシスターでもあられるみたいですが、
今この鈴木秀子先生で、検索しましたら、
沢山本を書いておられる、有名な先生なのかもしれません。

それで、私が、この本が、期待以上でした理由が、
修道院での修行の方法と、何を訓練するか、境地を書かれたこと。

修道院に入ると、沈黙の行に入るようです。
これは、仏教や、ヨガでも同じですね。
人の頭の中は、雑念で占められてるから、それを払う。

いろんな、色のあるものをそぐ修行も、仏教にみられる。

私が、なるほどと、思ったのが、

「修行の初期段階では、文字をいっさいみてはいけない」
「その理由が、活字から遠ざかることで、
人間の神経系統をつかさどる間脳を鍛えるための訓練」

で、あるそうで。
たまに、満月の時とか、
まーたく、頭に言葉が、文字が入らない、頭に、
ということが、起こりますが、
これで、理由、意味づけできました。

ありがとうございました!

前回のブログのチョプラ博士と共通点、
サットサンが、おっしゃることとの共通点、
大いにあります。

つまり、幸せに理由はいらない、
今、なのです。
何々したら、幸せとか、いう条件付けとは、
方向が違う。
うーん、ここも、また、言葉につまる、ところです。
つまり、言葉でもないって、ことなのでしょう。





幸せとは?1 チョプラ博士 [spiritual]


宇宙のパワーと自由にアクセスする方法


いくつものシンクロで、あの非二次元のサットサンから、
この本にたどり着き、
この本を、かみ砕いてもらわないと、と思ってると、
また、違う本にたどりつき。(次のブログに)

このチョプラ博士は、もう有名中の有名。
私の好きな叶恭子さまも、推薦されてる方。

書かないブログ書きが、なぜ書きたくなったかというと、
やはり、これは、時代、世界が、この方向に、人を導いていきたいんではないかと、思うのです[黒ハート]

「条件付き幸せは、不幸と同じ。」
と、
少し、例をあげると、(私なりに)
ある翻訳作業をしてたとする、
これが、もしかなり、骨が折れるものだったとすると、
楽しんでるどころではなくなり、
「これが、終われば、楽になる(幸せ)はやってくる」

もう一つ、例を。
日本っていう国は、テストを山ほど受けさせてくれる国で、
やまほど、テストを受けてる方が、大半かと思われますが、
テストが、1つ終っても、いくつも終わっても、
次がくるだけで、幸せとは、違う。

つまり、何々が、何々なら、は、もう条件付き。

これは、サットサンの方も、言ってらっしゃるから、
同じだね、方向は。

もう、わかってきました。やっと、というのか。
もう、外の(環境、条件など)に幸せはなく、
内なる幸せ に気づけって、ことなのかも、しれません。

ほんとうに、この方面は、言葉にするのが、むつかしいというのか、
心理学の学術書とかでは、まーたくないけれど、
なんというか、言葉になりにくい。

「シンデレラ」が、もう大人の私には、おとぎ話で、
王子様と、シンデレラは、お城で幸せに暮らしました。

の締めでは、満足できません。
のように、スピの世界も、どうやら、前世占いはやりもから、進化している模様。

お読みいただきまして、ありがとうございます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: