So-net無料ブログ作成
検索選択

苦しみはナチュラルじゃない [spiritual]

お久しぶりです。
Fbが、何とも軽く書けないような感じで、
政治的意見や、子供、食べ物の写真で、消化不良というか。。。こちらにやってきました。

この世の中になる、当たり前にある、(これも勝手に思い込んでること)
こと、例えば、
結婚しないといけない、ゲイはふつうじゃない、
子供もたないといけない、とか、
ちゃんとした仕事しないといけないとか、
こうしないといけない、っていうのは、全部、幻想。

重いところから、やってきてるものは、すべて幻。

苦しみはナチュラルじゃない DVD付き (“悟りの先生




実は、この本の著者のサットサンっていう、集まりに参加してきました。
私の解釈なら、
なんもなくて、なんでも可能なのだ。
感情などに振り回されるとかいうストーリーは、
そんなの幻想。

といっても、この本は、抽象的なところも多いから、
短くいってしまうと、
読者のスピレベルによって、違うかも。
もう、色んなスピ系の本読んで、こうしなさい、
ヨギは、先生は、覚者はこう言ったっていうのを、
卒業間際の人にいいかもね。
もう、ぜんぶやってみた、もう、なんもないっていう人向きかな。

家族に、シングルマザーいたり、
友人に精神病いたり、他にも病気の名前だけは、数知ってる、
不幸な境遇、恋人や伴侶をなくした、とかいうストーリーも、
やまほど聞いた、経験した。

の次のもっと、軽い波がやってきてるのでは、ないかと、
想わせてくれる人が、でてきてる。

しかも、この著者は、フランス パリ在住。
この本とサットサンで、ちょうど理解が高まりますが、
自分を超えた自分が、感じて後から、自分にガイドしてくれるから。

おもしろい時代になってきたね☆





2015年の通訳案内士試験、2次試験受けてきました [観光]

2015年、夏の終わりに、通訳ガイドの試験を、
英語で、一次試験受けてきました、と書きながら、
その一次試験の結果がわかったのが、11月の終わりで、
それから、あわてて、二次試験、口述試験の準備して、
その後、フランス語の勉強や、英語の翻訳やらに、
追われてまして。。。と、まあ、前置きはおいといて。

二次試験の準備ですが、どなたかは、
「口述試験なんて、何の準備するの?」
なんて、言う人いましたけど、
しないといけないと、思います。しっかり。
とにかく、試験のシミュレーションして、
ストップ watch使って。1分、2分とは、どういうものかとか。
昔受験した人たちは、面接試験は、運まかせと、
言ってましたけど。
今は、去年からかなあ?二次試験のスタイルありますので、
お稽古しとかないと、緊張を強いられるので、(こわかったです^^)
緊張しない性格の人はいいでしょうけど、
緊張しないためにも、前もってしっかり、日本についての知識を詰め込んどかないと、
真っ白になりかねません。
もう、一次試験の合格知った後は、詰め込んでました。
もう、言い訳、ぐちしてる暇もなかったです。余計なエネルギーが無駄にでてしまいますから。
エネルギー節約の原理ってありますね。

何か参考になることは、書けてませんが、
言えることは、勉強はしないといけないってことですわね、何事も。
ぶっつけ本番ほど、こわいものないです。
これも、性格かな?

ところで、ガイドラインが、近年、変更されてます。
http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/exam_guideline.html
一次試験も、二次試験前も、ここを、よくのぞいてました。
通訳ガイドのfbです。
https://www.facebook.com/tsuyakuguide


2015年12月 Sylvie Guillem  ギエム引退 [芸術]

やっぱり、ギエム引退するのねえ。
あんまり、現実として受け止めてなかったけど。
日本の新聞にも載ってたし、
海外公演、日本公演、ボレロで、引退する、と。
最後の場を、日本にして終えるとは。

あれほどの天才でも、引退するのかと。。。
英国の王立バレエのhpから、
リンクあって、こんなん書いてる。
ここで、モダン系のダンスみたことあるけど、
やっぱり、ギエムは、切り開いてきたダンサーなのだろうなあ。
古典の技術天才的で、そのうえ、現代ものを、踊ってきた。

初めて、William Forsythe フォーサイスの作品見た時は、
衝撃受けたなあ、もう数十年前か。
Mats Ek マツ エクの作品も、驚いたなあ。
あれだけの肉体のダンサー、近年いるけど、それは、
ギエムがいたから、それを、みて人間が進化してきたように、みえる。。。
そりゃあ、まあ、考えるところあって、引退なんだろうけど。まだ、50。
今年は、あのロシアの天才バレエダンサー、プリセツカヤ女史が亡くなった。
ダンサーのままずっと、踊ってた。

ギエムのfbの様子だと、動物保護運動の方向に、こうれからもっと、動くのかなあ?
そういえば、そういって、引退した女優、
bbがいるね。ブリジット・バルドー。


↓ギエムfb
https://www.facebook.com/Sylvie-Guillem-206175282869244/

悲しいというか、無常というか、感慨深い。。
だれか、とめて~とは、いえないね。。
最後の舞台見れる方、楽しんできてくださいね☆

「After an unparalleled career that has spanned almost 35 years of both dancing ballet and contemporary work, Sylvie Guillem presents her final dance programme.

A world famous dancer with an extensive career at the Paris Opera Ballet, as a Principal Guest Artist at the Royal Ballet and Tokyo Ballet, Guillem has played some iconic roles in ballets by Kenneth MacMillan, Maurice Béjart, Frederick Ashton, William Forsythe and Mats Ek. A Sadler's Wells Associate Artist since 2006, she has diversified as a dancer forging an undisputable reputation as a major force in the world of contemporary dance.

For this very special programme titled Life in Progress, she will dance two new works including technê, a solo with live musicians on stage, choreographed by Sacred Monsters creator Akram Khan. The second will be a duet entitled Here & After with Italian dancer Emanuela Montanari from La Scala, choreographed by Russell Maliphant who created the award-winning PUSH.

This last opportunity to see her dance on stage at Sadler's Wells will also include Mats Ek's touching and poignant Bye which was made especially for her and performed as part of the 6000 miles away programme, and William Forsythe's Duo performed by Brigel Gjoka and Riley Watts.」

以下から、リンクして、Sadlerへ。
Olivier Awards 2015 winners announced
http://www.roh.org.uk/news/olivier-awards-2015-winners-announced

2015年の通訳案内士試験、受けました~ [観光]

報告するところがないので、
こちらに、考察、感想を☆

免除などなどで、去年、歴史が合格で、
今年は、なんと、一般常識だけを受験しました。
一科目でして、もう日も暮れそうなときに、試験会場に出向かせて頂きました。
京都の、R大。

それで、通訳ガイドさんの公式 Fbがありますが、そちらを、拝見しますと、
なかなか手厳しい、ご意見が~

歴史は、個人的に、好きなので、いけるとして、
やはり、過去問を、うんうんと、自己流解析してましたが、やはり、
難しいです。予想が。

それで、私の課題の一般常識問題ですが。
去年(2014年)までは、高校の現代社会の教科書ベースからの出題とのことでしたが、
去年のブログでも書きましたが、教科書だけでは、しっかり点はとれません(泣)

今年(2015)は、試験の内容が、「高校の教科書」というのが、消えて、
「試験は、現代の日本の産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界
との関わりを含む。 )のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
・内容は、最新の「観光白書」や新聞(一般紙)に掲載された時事問題をベースに出題」
と、なりましたので、観光白書を、せっせと、ながめました。
これは、国土交通省のHPから、入手できます。

しかし、まあ、結果は、微妙です。。。
私の予想は、財政や、TTPとか、ギリシャの財政のこととかが、話題になってたので、(試験日が、八月の終わりだから、試験が作成されるのは、その数か月前で、一か月前には、絶対、印刷などの関係で、出来上がってるはずだから、それまでの、時事だろうと、思いまして(笑)」
ま、予想は、はずれましたが、観光白書は、読んでおいてよかったです。

今年の試験内容から、考察、感想ですが、
やはり、なんとも、予想不可能な試験かと。
で、いろいろ考えましたが、カンが良いように、普段から鍛えておかないと、いけないのかな、
とか、もしかしたら、常識的に考えると、消去法で、正解が導き出せるように、
なってるのかなと、いうのが、私の言葉にできる感想です。
なんとか、傾向を、絞りだせるかと、あれやこれやと、新聞を睨んだり、
本屋さんで、時事関係の本を、ながめてみたりも、しましたが。ハハハ

では、すみません、参考になるようなことを、書くのが、むつかしいので、これで、失礼します。
どうも、ありがとうございました。

あ、歴史と、地理の合格点、今年から、上がったのでは、ないかと。
確か、2014年は、60点で、これが、70点に。





転生輪廻 -魂は続く [spiritual]

お盆って、あちこち不思議な雰囲気。
死んでる友人が、その友人が亡くなってることを知らない私に、
死んでることを、知らせる手段をとってくれたのも、お盆。

魂は、繰り返し生き続ける。
今は、一つの生(身体)を生きるから、見えにくいけど、
実は、いくつもの過去生も含めて、できるだけ、チャラに、ローンの返済とでもいうか、
(償いともいうか)していきたいっていうのが、魂の優先順位。

例えば、いま、あんまり、望ましい状況にいなくても、
それは、チャラにする過程、あるいは、試練、味わう苦境が、
返済を表してるともいえる。

広く、長~い期間で、深い叡智に、管理、観察、計算されてる。(言い方が、科学的だけど、
それほど、ちゃんと、この世って、宇宙に見てもらってる、というか)
どんな人にも、この深い叡智が働いてるから、(頭のよしあし、インテリだとか、全然、関係ない、魂レベルでは)
どんな状況でも、実は、心配することはない。

天才的な、芸術家、スポーツ選手をみてると、
過去生の積み重ねだなと、みえる。
一世では、無理な技術、子供のときから、できてるもの。

真央ちゃんや、バレエダンサー熊哲さんなんて、そう。
ま、天才は、おいといて。

みえる世界(陽)だけで、自分を判断する必要なし。
見える世界だけで、公平不平は、いえないというか。

それでもって、
痛み、苦痛、苦しみを、抱えながらも、微笑んでいられる人が、
ある意味、超人なのだと思う。

ありがとうございます。

イヴ サン ローラン Yves Saint-Laurent の仏語映画 [芸術]

イヴ サン ローラン Yves Saint-Laurent を、描いたフランス語の映画!

Yves Saint-Laurent って、バレエの衣装も作ってる。
すごいインパクトのある、フランスらしい作品とかの衣装してる。
改めて考えると、なくてはならない人だね、舞台業界でも。
ジジの衣装とか。バレリーナの衣装上手。

France 24(英語)から。
Yves Saint-Laurent の映画の紹介は、前半だけだけど。
主演を演じたフランス人青年は、Pierre Niney っていうそうだ。女性的な雰囲気もある、
芸術家って感じがよくでてる。



シンクロのデデュ―トウシューズで踊ってる。2014-GALA-Demo Virginie Dedieu [芸術]

シンクロのデデューが、トウシューズ(バレエの)はいて現れて、
ちょっと踊った後、そのまま、水に飛び込んだ。

トウシューズはどうするんだろお?と思ったら、すぐ、脱いだみたいで、
トウシューズが水に浮いてる。リボンなしで、トウすぐ、脱げたのね。

しかし、2014年のガラの動画は、どこでのだろう。
Open Make up For ever 2014-GALA-Demo Virginie Dedieu



パリ暮らしの芸術家 [フランス]

france 24の Culture からです。
パリだ、パリ!
最近、やっぱりフランス語だ、と思い。
この映像で、
パリで暮らすアーチスト、音楽家、画家、女優。。。
かっこいい。。
こちらの記事は、英語です。



http://www.france24.com/en/20150619-meet-me-paris-alex-kapranos-charlotte-rampling-eve-jackson-musee-dorsay-buvette

スピリチャルのお話、------St. Germain [spiritual]

なぜか、日課の語学の勉強してるとき、
それにしても、スピリチャル系の本って、
よく売れるなと、( 何十冊とあったスピリチャル系と、他、芸術、ヒーリング、
語学もろもろの中)
スピリチャル系の本って、昔から、出品するとほぼすぐ売れる。

これって、もしかしたら、かなり、日本国内(日本語の本が主)で、
このスピリチャル系、形而上学への理解がやはり、かなり高まっていて、
日常出会う、一期一会の人とかも、こういう形而上学的なことを、
理解してる人だったりするのかなと。話せる友人をさぐってみたり、
その手の本あげたりするけど、反応ない。あっても、せいぜい、前世療法あたり。

と、頭の中で、色々散歩してたら、
浮かんできたのが、St. Germain 
フランス語を勉強するのが、趣味なのだけど、
St. Germain サン ジェルマンって、という教会や、通りがパリにあることを思い出し、
彼は、フランス語を話す人だったと。多言語だろうけど。
数百年生きた、何も食べず、老化せず。
貴族などの書物にも、彼のことを言ったことが残ってるとか。(実際には、見てないけど)

何気なく、本棚で、本をとってペラペラめくると、St. Germain のチャネリングのページが、
でた。これで、何やら、彼はメッセージでもくれてるんだろうかと、
それで、久しぶりにブログを書くことに決めた。

どなたかの役に立ちそうなことは、書けそうにないけど(笑)
http://generalspiritualityjm.wikia.com/wiki/St._Germain
というページを見つけて、
英語記事だけど、確かに、彼に関してのことは、ここに書かれてることが、日本のスピリチャル界に伝わってる。魔法使いマーリンの生まれ変わりとかね。抜粋してくると、
St Germain is variously believed to have embodied as a High Priest of Atlantis, Merlin, Sir Francis Bacon (great thinker of the Tudor Age), Christopher Columbus, St Joseph (guardian to Jesus), Plato and St Alban. 
アトランティスの高神官、フランシス・ベーコン、コロンブスなどなど。
His final incarnation on earth was as Le Comte de Saint Germain, known as "The Wonderman of Europe", in the 18th and 19th centuries, who worked to establish the United States of America, spoke a message of peace and was an accomplished artist and musician as well as being known as an alchemist.
地球での、最後の転生は、Le Comte de Saint Germain で、the wonderman of Europe として知れれる、アメリカ合衆国の建国ために尽力した。
St-germain3.jpg


ここ数年、いろんなことがあって、このスピリチェル系のことを、話すのは、
ハハハ、なぜか、(今は、カナダに帰国した)カナダ人だ。
つまり、かなりスピリチャル系的考え方は、ご無沙汰してた。

しかし、ここにきて、この物質世界に住む人間が、
かなり精神的に成長したのかもしれない。それで、ちょっとずつ、かなり、
この物質界に、その精神的進歩した考えや色々が、混流してきてるのかも、
と、そういうサインをもらったのかも。
しらずしらずのうちに、ちゃんと、人間界は、神界の世界は、まだ遠くとも、
何か、感知できるようにもなってるのかも、
もしかしたら、いつ上がるのかなと思ってたけど、すでに、次元上昇してるところで、
生きてるのかも、と思ったのでした。

ありがとうございました~

フランスで、航空機が、墜落?衝突?した。生存者ゼロ? [ヨーロッパ]

なんか、いや~な感じ、へーんな感じの日だな、と火曜日を過ごしてたら、
このニュース。寒気が~
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/index.html NHKは、こちら。

France 24は、こちら。
http://www.france24.com/en/20150324-live-airbus-passenger-plane-crashes-southern-france/

A Germanwings flight carrying 144 passengers and six crew from Barcelona to Dusseldorf crashed Tuesday in the southern French Alps, aviation authorities said. French transport officials said there were no survivors.

There were no survivors from the crash of flight 4U9525, said Alain Vidalies, France's junior minister of transport.

ドイツの旅客機
乗客144人と、6人のクルー
from Barcelona to Dusseldorf   
バロセロナから、ドイツへの飛行途中、南方フランスのアルプス山脈で。
フランスの交通局は、生存者なしと。

地図、BBCから。
_81866999_france_crash_624_v3.png



BBCで、ドイツのAngela Merkel 首相と、フランスのオーランド大統領が、声明出してます。
http://www.bbc.com/news/world-europe-32030270

このGermanwingsとは?(BBCの分析)

Although it began its life as an independent low-cost carrier, Germanwings is wholly owned by its parent Lufthansa.  ルフトハンザ航空を、親会社とした、格安航空。


It operates increasing numbers of the group's point-to-point short-haul routes and takes many passengers from German cities to Mediterranean sunspots.

The airline has an excellent safety record with no previously reported accidents. The average age of its Airbus fleet is just over nine years old, though flight 4U 9525 was a 24-year-old A320.

The plan was to phase out the Germanwings brand and replace it with Eurowings.

There has been a longstanding dispute with the Vereinigung Cockpit union over early retirement. Pilots went on strike for three days around this time last year. 去年の今ごろ、ストがあった。

感想:
やはり、この時期、気を付けてくださいませ。交通機関、飛行機。色々。
それにしても、フランスは、色々、今年に入ってから、大変続きだ。。
なんか、火曜日の天気が、変だったんだもんねえ。